Blog

目指すべき組織のカタチ

2014/04/05

個の集合知。
そんな組織を目指している。それぞれの得意分野を持ち、胸を張ってクライアントへ提供し、その専門分野を持った人材が最大限活躍できる組織だ。通常の大半の企業は「ヒエラルキー型の組織」が一般的だが五箱では「マトリクス型の組織」を究極まで突き詰めようと思っている。そう、このマトリクス型の組織こそが五箱の目指すべき組織のカタチだ。
ヒエラルキー型の組織とマトリクス型の組織はどちらも良いところ悪いところはあるが五箱は絶対にマトリクス型の組織なのだ。会社の成長過程において重要な意志決定をする際、自分一人の決断では間違った意志決定をする事の方が多いと思っている。
もちろん最終的に意思決定しなければならないのは代表者の役割であり責務だ。しかしながらそこで各セクションのメンバーが互いの意見を持ち寄り意思決定が出来ればヒエラルキー型の組織よりマトリクス型の組織の方が、より速いスピードでクライアントに成果を返し続けれるのではないかと思っている。
ただし、このマトリクス型の組織は《個々が責任を持ち行動しないと》絶対に成り立たないだろう。社長も役員も一般社員も新卒もアルバイトもインターンも関係ない。互いに依存せず自身の仕事におけるプライドと誇りと責任を持って業務を全うする。それさえ出来れば絶対に成立する。
よくこの話を外部の方に話をすると事業がスケールしないよ、人数が増えると出来なくなるだろ、単なる理想でしょ、と否定的な意見が大多数だった。でもここだけは譲れないし変えるつもりは無い。無理だという声が多いほどやりがいがあるじゃないか。五箱としての最高のマトリクス型組織。
創ってやろう。

Contact us

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明はこちらからお問い合わせください。
TEL 03-5728-2525