お問い合わせ

KPI設計

Strategy Planning

KPI設計は五箱が重要視する領域のひとつになります。弊社五箱は主事業を「検索連動型広告」所謂「SEM」の領域に置いており、「KGI」に影響を与えない「KPI」を設定する事は仕事としてあり得ない、という意識がチーム全員の共通認識として刷り込まれている為です。

そもそもKPIとは

KPI(Key Performance Indicator)を日本語で言うと重要業績評価指標と訳されますが、五箱では「重要業績“影響“指標」と訳しています。KPIと混同されがちな指標に「KGI(Key Goal Indicator)」という用語がありますがこちらはニュアンス的には「重要業績評価指標」に近いのではないかと私たちは捉えています。KGIはマーケティング・営業活動における最終地点になり、要するに「どれだけ業績に貢献したか」=「どれだけ儲かったか」と関西人的には訳したくなります。

KPI設計とは

KPI(Key Performance Indicator)を「重要業績“影響“指標」と捉えた場合、影響を及ぼす「KGI(Key Goal Indicator)から逆算して考えていくべきです。よって最初に行うことはクライアントのビジネス全体のKGIを定義し、そこからウェブに限定した際のKGIにブレイクダウンしていく事が重要になります。次にKGIを達成するためのロードマップ=ジャーニーマップを作成し、マップ上に別タスクで定義した「ペルソナ」を設置し各ステージでのペルソナの動きを決めていきます。動きを決める際、以下の観点から見ていきます。

KPI設計フロー

  • STEP1
    ステージを定義
    ビジネス全体のジャーニーマップにウェブ上での各ステージを定義します。
  • STEP2
    ニーズ定義
    定義した各ステージでペルソナは何を求めているのかを定義します。
  • STEP3
    行動プロセス検討
    その際にどのような動きをするのかを検討します。
  • STEP3
    トリガー定義
    何を達成した際にペルソナは次のステージに向かうのかを定義します。

上記の工程を通じてビジネス全体のKGIからブレイクダウンしていくことで、ビジネスに影響を与えるKPIを抽出することが可能になります。また個々のKPIを測定した際に全体KGIにボトムアップしていく事で設計したKPIが「どれだけ業績に貢献したか」=「どれだけ儲かったか」を検証する事で所謂「虫の目」「鳥の目」を持つことができます。

Our unique point

五箱の「KPI設計」はサイトのパフォーマンスとビジネスへの影響を紐づけする事で、成果につながるサイトリニューアルを実施します。組織内の様々なレイヤーのメンバーにとって理解しやすい指標を作る事で、局所的な議論に陥りやすい現場の方々にも「虫の目」「鳥の目」を持つことができます。

ウェブサイト構築・運用における「KPI設計」は、サイト運用時の効果検証の基準となる重要なタスクです。運用業務が単純な更新作業になっていると課題を持たれている方はぜひ私たち五箱にご相談ください。

ウェブサイト構築・運用その他の提供メニュー

Phase02

Contents architecture

コンテンツ企画・サイト設計

フェーズ1で明らかになった「USP」と「ユーザーニーズ」を基に両者(企業とユーザー)にとって有益なコンテンツを企画します。またそのコンテンツをどのように伝えていくのかを「ユーザー導線設計」や「プロトタイプ」による導線・画面設計によって定義していきます。ユーザーのサイト上での振る舞いをデザインする事で後の仮説検証、改善を行いやすい環境を作ります。

Phase03

Site development

サイト制作・開発

フェーズ2のワイヤーフレーム、モックサイトで定義された導線・画面設計を基にビジュアルコミュニケーションとしてのデザインとシステムを構築します。デザインに関してはフェーズ1で定義された企業ブランドとペルソナユーザーの属性も加味することで企業の提供価値を目に見える形に落とし込みます。

Phase04

Site Operation

運用・改善

主に「グーグルアナリティクス」を用いて収集したデータから見えるサイトの強みや課題を洗い出し、サイトの改善や運用を行います。LPなど単一ページでの分析が必要な場合には「ヒートマップ」ツールを導入します。そのほか希望に応じてコンテンツの制作支援やサイト自体の更新業務代行も行っています。

その他の提供サービスOther service

五箱ではサイト構築以外に「ウェブ・SNS広告運用」「自社メディア」サービスを提供しています。実際にこれらのサービスは単体ではなく、複数の手法を組み合わせる事で他のウェブマーケティング会社にはない価値提供を行っています。

Contact us

お問い合わせ

お仕事の依頼やご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。
協業パートナーや自社サービスの案内等についてもこちらからご連絡ください。