お問い合わせ

サイト構造定義

Contents Architecture

サイト構造定義

これまでのタスクで定義された「コンテンツ」を実際のサイトの構造として定義していきます。サイト構造定義を行うことでウェブサイトの全体構造と導線を確定していきます。サイトマップには全体の階層構造と各ページの属性(タイトル、ディスクリプション、キーワード、URL)を定義する「ディレクトリマップ」とコンテンツ間の導線や関係性を定義する「サイト構成図」の2種類を作成します。

ディレクトリマップ

ディレクトリマップはコンテンツをページ単位まで階層構造が分かる形で記述されたものです。
主な用途としてはサイト構築時にはサイト全体のボリューム把握と個別ページ単位でのH1タグを含めた各種属性の定義、重複コンテンツ、重複タイトルがないかのチェックに使用されます。またページ単位での制作の進捗状況の管理にも流用することがあります。サイト公開後の運用フェーズではコンテンツのパフォーマンス管理の為に「アクセス解析」と連携して利用されます。

サイト構成図

サイト構成図はコンテンツを一定のグループ(群)で捉えてコンテンツ間の導線や関係性を定義します。「ユーザー導線設計」時に定義した「ユーザーシナリオ」に具体的なコンテンツ群をプロットするイメージになります。「カスタマージャーニーマップ」→「ユーザーシナリオ」→「サイト構成図」の順番で具体的な落とし込みがされた最終的なシナリオ定義資料になります。

Our unique point

「サイト構造定義」はこの後の「プロトタイプ作成」や実際の「制作・開発」 フェーズに戦略策定フェーズからの概念やコンセプト、施策の方向を橋渡しする大切なタスクになります。五箱では「ディレクトリマップ」と「サイト構成図」と粒度の異なる2つの定義を通じて成果に結びつくサイトリニューアルを提供します。

ウェブサイト構築・運用における「サイト構造定義」は、サイトの規模が大きくなるほどにしっかりと定義していく必要があります。また逆説的になりますが、「定義」された内容を運用を通じて常にアップデートしていく事が重要です。サイトリニューアル後にとりあえず何すればいいのか分からないからSEOでもやってみるか?にならない為にもしっかりと定義していきましょう。

ウェブサイト構築・運用その他の提供メニュー

Phase01

Strategy Planning

ユーザー理解・事業理解

私たち五箱は、プロジェクト期間の大半をクライアントとの対話に費やします。プロジェクトの初期段階では、クライアントのUSP(ユニークセリング・プロポジション)とターゲットユーザーの設計を以下の手法を用いて行います。このフェーズこそ五箱のウェブサイト構築の最大の特徴になります。

Phase03

Site development

サイト制作・開発

フェーズ2のワイヤーフレーム、モックサイトで定義された導線・画面設計を基にビジュアルコミュニケーションとしてのデザインとシステムを構築します。デザインに関してはフェーズ1で定義された企業ブランドとペルソナユーザーの属性も加味することで企業の提供価値を目に見える形に落とし込みます。

Phase04

Site Operation

運用・改善

主に「グーグルアナリティクス」を用いて収集したデータから見えるサイトの強みや課題を洗い出し、サイトの改善や運用を行います。LPなど単一ページでの分析が必要な場合には「ヒートマップ」ツールを導入します。そのほか希望に応じてコンテンツの制作支援やサイト自体の更新業務代行も行っています。

その他の提供サービスOther service

五箱ではサイト構築以外に「ウェブ・SNS広告運用」「自社メディア」サービスを提供しています。実際にこれらのサービスは単体ではなく、複数の手法を組み合わせる事で他のウェブマーケティング会社にはない価値提供を行っています。

Contact us

お問い合わせ

お仕事の依頼やご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。
協業パートナーや自社サービスの案内等についてもこちらからご連絡ください。