お問い合わせ

プロトタイプ作成

Contents Architecture

プロトタイプ作成

五箱ではUIやUXを確認するために、画面デザインを組み合わせて作成したウェブサイトのプロトタイプをHTMLベースで作成します。サイトデザインフェーズの前段階から「UIデザイン」「UXデザイン」の観点でのブラッシュアップを行う事で機能・構成についての検討を行います。

プロトタイプサイトは一言でいうと動くワイヤーフレームになります。ワイヤーフレームは画面構成を確認する際には優れていますが、画面遷移やサイト全体の構成を把握しにくい弱点がありました。そこで五箱では当初モックアップサイトを作成しクライアントと確認する方法をとっていましたが、モックアップサイトの場合、デザイン要素が多く入ってくるため、議論の論点がサイトの構造ではなく、デザイン寄りになってしまう傾向があり設計時には不向きでした。

プロトタイプサイトの優れている点

プロトタイプサイトはブロック要素で作成する為、モックアップの様なデザイン要素についての議論にならず、サイトの構造やページ間の導線、ページ単位での構成要素に集中した議論を行うことが出来ます。サイト設計時の構造、構成検討時にデザイン面からの思考が混ざってしまう事でフェーズを跨いだ議論によるプロジェクトの混乱を未然に防ぐ事ができる事から、五箱では設計時のツールとして「プロトタイプサイト」を使用しています。

Our unique point

「プロトタイプ作成」はこの後の「制作・開発」 フェーズに「企画・設計」時のサイト設計定義を反映する大切なタスクになります。五箱の「プロトタイプ作成」はデザインを配した形で「UIデザイン」「UXデザイン」についての検討を行う事で実制作時の振り戻しや混乱を防ぐ事が出来ます。

ウェブサイト構築・運用における「プロトタイプ作成」は、視覚的なビジュアルデザインの検討以前に「UI」「UX」を検討する事で、本質的な情報デザインを実行する事ができます。過去のリニューアル時にビジュアルデザインについての議論が中心になってしまい、本質的な議論を行うことなくリリースしてしまった、等の経験がある方は、五箱に是非ご相談ください。

ウェブサイト構築・運用その他の提供メニュー

Phase01

Strategy Planning

ユーザー理解・事業理解

私たち五箱は、プロジェクト期間の大半をクライアントとの対話に費やします。プロジェクトの初期段階では、クライアントのUSP(ユニークセリング・プロポジション)とターゲットユーザーの設計を以下の手法を用いて行います。このフェーズこそ五箱のウェブサイト構築の最大の特徴になります。

Phase03

Site development

サイト制作・開発

フェーズ2のワイヤーフレーム、モックサイトで定義された導線・画面設計を基にビジュアルコミュニケーションとしてのデザインとシステムを構築します。デザインに関してはフェーズ1で定義された企業ブランドとペルソナユーザーの属性も加味することで企業の提供価値を目に見える形に落とし込みます。

Phase04

Site Operation

運用・改善

主に「グーグルアナリティクス」を用いて収集したデータから見えるサイトの強みや課題を洗い出し、サイトの改善や運用を行います。LPなど単一ページでの分析が必要な場合には「ヒートマップ」ツールを導入します。そのほか希望に応じてコンテンツの制作支援やサイト自体の更新業務代行も行っています。

その他の提供サービスOther service

五箱ではサイト構築以外に「ウェブ・SNS広告運用」「自社メディア」サービスを提供しています。実際にこれらのサービスは単体ではなく、複数の手法を組み合わせる事で他のウェブマーケティング会社にはない価値提供を行っています。

Contact us

お問い合わせ

お仕事の依頼やご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。
協業パートナーや自社サービスの案内等についてもこちらからご連絡ください。